育毛剤の副作用について

医薬品の育毛剤を使用すると、医薬成分による副作用が懸念されます。 代表的なものにミノキシジルやフェナステリド(プロペシア)があります。 これらの成分は、確かに脱毛や育毛などについて ある程度の効果が期待できますが、副作用の心配もあります。

ミノキシジルとは、1980年代に製薬会社ファルマシア・アップジョン社(現ファイザー)によって開発され、 世界で初めて認可された脱毛症の治療薬です。 ミノキシジルの副作用で最も多く見られるのが頭皮のかゆみです。 かゆみの程度は人それぞれですが、我慢できないほどのかゆみに襲われる可能性もあります。 アレルギーにより、頭皮に炎症が起こることから、発疹やかぶれ、ふけといった症状が出ることもあります。 ただしこれらの症状は比較的弱いものだといわれ、ミノキシジルを使った人誰もが副作用をおこすというわけでもありません。

ただ、ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として使われていたこともあり、 ミノキシジルを使用することで逆に低血圧を招くことがあります。 また、強い眠気や、動悸、頭痛、胸痛、手足のしびれ、むくみなど血圧降下剤としての副作用の可能性もあります。

最近では女性用に開発されたミノキシジル成分のものも発売されていますが、 母乳から乳児が摂取してしまうことが考えられるので、授乳中の女性はミノキシジルを使うことは避けなければいけません。

フェナステリド(プロペシア)は、胃の不快感、性欲の低下が1mgのプロペシアを使用した国内の臨床試験で確認されています。 ミノキシジルほど強い副作用は認められていませんが、 男性ホルモンに作用するため精子数の減少や勃起不全などの性的機能での副作用が確認されています。

副作用の可能性をどれだけ許容できるかで、育毛剤の選び方が変わってきます。 医薬品ですので、用法・用量を守る限りそうそう強い副作用は起こりませんが、 万一生じた場合は、医師に処置を求める必要があります。