女性薄毛の場合の原因

女性の薄毛は、頭頂部付近を中心に、全体的にボリュームが減っていくのが特徴です。これは、「女性型脱毛症」とも呼ばれます。

女性の薄毛の場合も、男性と同じく、いろいろな原因が混ざり合い、薄毛を引き起こしています。
しかし、女性の薄毛の場合、男性に比べてストレスが原因であることが、非常に多いといわれています。


女性に多い、薄毛の原因は、下記になります。心当たりが多いならば要注意です。


《ストレス》
ストレスの悪影響を受けると、通常のヘアサイクルが乱れ、毛髪が抜けてしまっても、なかなか新しい髪の毛が生えてこなくなります。
結果、薄毛になってしまうということに繋がるのです。


《ホルモンバランス》
人は、一定の年齢を超えると、女性ホルモンの分泌が少なくなります。そのため、一時的に抜け毛が増えることもありえます。
ホルモンのバランスが正常に戻ると、抜け毛は治りますので、ホルモンバランスを整えることは大切です。


《髪を結ぶ》
女性の場合、ロングヘアーの人ならなおさら、髪を縛る機会が多いので、圧力がかかります。それが、薄毛の原因となる場合もあります。


 

《スタイリング剤》
スタイリング剤の成分は、薄毛の予防の大敵です。
スタイリング剤は、髪にセット力のある添加物を付着させて固めるため、当然、髪だけではなく、頭皮にもセット剤が付着しています。
これが原因で毛穴を塞ぎ、汚れが外へ出なくなってしまうのです。そのため、薄毛の原因となるのです。


以上のことが、大きな薄毛の原因としてよくあげられます。
改善できることがある場合は、早速、実行してみましょう。
早期対策が、早期改善へと導きます。
薄毛で悩んでいる人は、副作用の心配のない安全性を考えた育毛剤が販売されていますので、使ってみるのも良いでしょう。


「少し疲れたかな~」と感じた際は、無理をせず、リラックスした生活を心がけるようにしましょう。 また、たまには、体を軽く動かすなどして、心のリフレッシュを計ることも大切でしょう。 睡眠は十分に取るようにしましょう。