薄毛のヘアケアについて

過度のヘアケアは薄毛の原因になるそうです。一般的に女性は男性よりもヘアスタイルが多様化してきてパーマやヘアカラーなどにより様々なファッションが楽しめるようになってきています。 めまぐるしく変化する流行に合わせてその都度パーマやヘアカラーを変える人も少なくありませんが、このファッション性の追求が薄毛の原因になっている場合があるそうです。 特にヘアカラー剤は自宅でもできるものが広く販売されるようになり、手軽に利用できる反面、頻繁に使うことにより頭皮を痛める原因になります。 パーマとヘアカラーにはそれぞれ化学成分を合成した薬剤が使用されています。 パーマ剤もヘアカラー剤もどちらも髪に大きな負担がかかっているだけではなく、頭皮にも少なからず薬剤の影響が及んでおり、頻繁にかけると毛根が傷んで抜け毛・薄毛の原因となってしまいます。 特にパーマとヘアカラーを同時にかけるということは薄毛の大きな原因になってしまうので、それぞれの使用は間隔をあけてから使用するように心掛けると良いでしょう。 パーマやヘアカラーは一度でもかなり髪・頭皮を痛めます。そのため薄毛の原因としても広く知られています。 しかし、実は目立たないところで、毎日使っている整髪剤も薄毛の原因の一つになっています。 整髪剤はパーマやヘアカラーとは違って気軽につけられるので、毎日使用している人も多いのですが、中には髪・頭皮に刺激を与える化学成分を配合しているものも多く見受けられます。 特に髪の毛を逆立てて固定するハードタイプの整髪剤は、効き目が強いぶん刺激も大きく、つけているだけで負担をかける場合もあります。 また、このような整髪剤はシャンプーで落ちにくいため、成分が残留して毛穴つまりの原因となり、薄毛につながることも考えられます。 しかし、髪や頭皮に悪いと分かっていても、おしゃれはやめたくないものです。そういう時はヘアケアを上手に活用するのがポイントになります。